市販のカラー剤

【検証】リーゼ 泡カラー クールアッシュを実際に使用しレビュー評価します!

MUSUKE
MUSUKE
こんにちは、美容師兼ブロガーのMUSUKEです。

当ブログは、紹介する全ての商品を僕が実際に購入、使用し、なるべくわかりやすく簡単に解説しております。

今回は市販のカラー剤、花王 リーゼ 泡カラー クールアッシュを3つそれぞれ異なる明るさの毛束に使用し実際に検証していきたいと思います。

花王 リーゼ 泡カラー クールアッシュ

花王 リーゼ 泡カラー クールアッシュを使ってみたいけど実際使った感じはどうですか?どんな感じに染まりますか?などと言った質問に答えていこうと思います。

花王 リーゼ 泡カラー クールアッシュを気になってはいたけどまだ使ったことがない方や、購入を考えている方は是非最後までご覧ください。

【検証】リーゼ 泡カラー クールアッシュを実際に使用しレビュー評価します!

今回使用していく毛束は左から6トーン、10トーン、15トーンの明るさになります。

6トーン→地毛よりも少し明るい

10トーン→ブリーチはしていないが明るめのカラーを繰り返している

15トーン→ブリーチ2回

上記を目安にご自身の髪の明るさを比較して見てください。

容器に記載されている染めた後のイメージはこのような感じです。

ちなみにこちらに記載されている使用前の明るさは上から6トーン、8トーン、10トーンくらいの明るさのイメージなります。

中の薬剤などのご紹介は割愛させていただきます。

今回はこちらのカラー剤の放置目安時間が20分〜30分ということでしたので20分放置して見ます。

MUSUKE
MUSUKE
ちなみに美容室で染める時ファッションカラーの場合ですと10分〜15分が一般的です。(カラー剤によっては20分置く場合もあります。)

左から6トーン、10トーン、15トーンの毛束

洗い流した後はアフタートリートメントがついておりますのでシャンプー後にそちらを使用しましょう。

MUSUKE
MUSUKE
かなりしっかりと染まってそうですね!

乾かしていきます。

仕上がり

こちらは6トーンの毛束になります。

まず明るさに関しては使用前と比較してもほとんど同じといった印象です。色味に関してはよく見ると使用後の毛束の方が少し透け感のある仕上がりとなりました。

続いて10トーンの毛束です。

6トーンの時と比べてもかなり透明感のある仕上がりとなりました。少しブルー味のあるグレーのような色味ですね。

こちらは15トーンの毛束になります。

アッシュ系のカラー剤はベースの髪色が黄色っぽいと緑っぽく仕上がるものも多いのですが、こちらのカラー剤はベースが金髪でもしっかりとブルー系のアッシュで染まりました。さらにそれほどトーンダウンせずに発色してくれたところも高評価なポイントになります。

左から6トーン、10トーン、15トーンの毛束

こちらが今回検証した毛束3種類になります。

こう比較していると6トーンの毛束は透明感は出ているものの色味は薄くなっているのに対し、10トーンと15トーンの明るさは色味もしっかりと出てくれました。なのでこちらのカラー剤を使用する際はなるべく髪が明るい状態から使用することをオススメします。

最後に

f:id:kensdream1:20190816003841j:image

いかがでしたでしょうか?

今回は市販のカラー剤、花王 リーゼ 泡カラー クールアッシュを3つそれぞれ異なる明るさの毛束に使用し実際に検証していきました。

では最後にポイントをまとめたいと思います。

・ブルー系のアッシュで比較的明るい仕上がりに

・使用する際は明るい髪に使用するのがオススメ

・泡カラーは染まりムラにはなりづらいが、垂れてきやすいので注意が必要

是非、花王 リーゼ 泡カラー クールアッシュの購入を考えている方は参考にして見てください。

美容師が本気でオススメするヘアケアセットのご紹介!

  • アウトバストリートメント10年連続 国内売上NO.1ブランド
  • 『21日間分の3点セット』が1,980円(税込、送料無料)」
  • 『ラサーナ』ブランド市場において最上級の“実感品質”
今だけ通常価格より49%OFF
ABOUT ME
musukeblog
このサイトを運営しているmusukeです。 現在は都内で現役の美容師をしています。 美容に関する記事や、美容師の休日、オススメの美容関連商品の紹介をしていきます。
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です